イライラが心地よくほどけていく

子供がご飯前に「お菓子!」と言って愚図る。
こんな経験ありませんか?

 

その悩みに対して、私の講座に通ってくださっている生徒様から
素敵なシェアを頂きました。

==================

 

私が1日の中で最もイライラするのが、
長男が保育園から帰ってきてから夜ご飯出来上がるまでの時間でした。

夜ご飯できるまでの間、

長男:「おなかすいたー!何か食べたい!」
私:「おなかすいてるなら、おにぎりにしよう!」
長男:「やだ!何かお菓子!」
私:「もうすぐご飯だから、お菓子はやめて!」

このくだりを、何度も繰り返していました。

 

けれど

 

長男は、本当におなかすいてる訳ではないんですよね
(保育園でお菓子を食べてきています)


お菓子食べたい=心が満たされてない
=お母さんが一緒に遊んでくれない、弟の世話ばかりしている
 

こんな状態なんだろうなと思い、

長男:「おなかすいたー!」
私:「おなかすいてるんだね!よし!急いでご飯作りたいから、一緒に作ってくれる?」
長男:「やるやるー!」

  


と、目をキラキラさせて

私より先にキッチンに立っていて

準備万端の長男



お菓子を食べないおかげで

夜ご飯もモリモリ食べてくれました!

 

 

皆さんの質問や悩み、それに対する聡子さんの

丁寧なお返事や仲間のシェアのおかげで、

 


「自分のイライラが心地よくほどけていく」

 という感覚を、長男の夜ご飯のお手伝いから感じたのです^^

 

いつもたくさんの気付き、きっかけを下さる皆さん、
ありがとうございます。

=================

 

子供って、お菓子が大好きですよね。

しかし親としては「食べて欲しくない」

そう思う気持ち、よくわかります。

 

 

お菓子よりもご飯を食べて欲しい。

 

 

そしてそんな時に出る言葉は

「我慢しなさい!待っていなさい!」

そんな言葉ばかりに自分のことが嫌になるお母さんも多いはず。

 

 

けれどこの生徒様は

「まずは自分」という、この言葉から

いつもとは違う言葉を子供にかけてみただけで

違う世界に出会うことができました。

 

 

人を変えることは難しいですが

まずは自分を小さなところから変えてみることで

相手の気持ちも変わっていく。

 

 

イライラが心地よくほどける感覚は

誰かが作ってくれるものではなく

自分自身で作れるものだと、この生徒様の気付きから

大事なことを私たちは学べました。