あなたから大切な人が離れていく瞬間

人のために

心から想って与えていることだったとしても

 

気がつくと

相手から自分が思っていたものが

返ってこないとき

 

 

やはり人は

「私も欲しいな」って

感じてしまう生き物なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

与える。って

ちょっと難しいなって思う瞬間があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの見返りも求めずに

人に感謝を与え、

人に想いを与え、

人に知識を与え、

 

 

与えたその先に

「与えることで自分の幸せ」

感じることも勿論あります。

 

 

 

 

だけれど

それでも自分の心が不完全な気持ち

なることもあるんですよね。

 

 

 

 

「あの人のことが大事で大切だからこそ」

「一生懸命私からの想いを伝えた」

 

 

 

 

 

この時に

きっとね、『ありがとう』の一言だけでも

返ってくると

 

 

 

すごくお互いに満たされて

お互いに『与え与えられの関係』

続くと思うんです。

 

 

 

 

 

だけど時には

「これは私が勝手に一方的に与えたに過ぎなかったのかな?」

「感謝の見返りは最初から得ようとも想っていなかっはずなのに」

「なぜか寂しい気持ちになる」

 

 

 

そんな風に

自分の心が未熟なのかな?って

感じる時もあります。

 

 

 

あれ?私、形では与えるとか

良いこと思っていたのに

結果的に与えてもらうことを

求めちゃってた、、?って。

 

 

 

 

 

 

 

うん、何を思っても

私は正解だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ1つ言えることは

自分のために相手が時間を割いて

一生懸命伝えてきてくれた想いには

たった一言でもいいから

「ありがとう」と伝える思いやり。

 

 

これが大切、と。

 

 

 

 

慣れ親しんでいる関係

なればなるほど

ありがとうを伝えることが

「後からでいいや」となりがちになる。

 

 

 

けどね

関係の距離がどんな距離であれ

ちゃんとアクションを

伝えてあげることが

思いやりだと思うんですよね。

 

 

 

 

本当にわずかなことかもしれないけれど

そこを怠った自分に残るのは

大切なことを伝えてきてくれない関係

 

 

 

 

 

 

 

だからね

これは私にも言えること。

 

 

 

 

===============

相手が伝えてきてくれた

想いと言葉に

 

「ありがとう」

という言葉を

 

伝え忘れない自分

生きていきましょう。

===============