心からの感謝をあなたに贈ります

知識と経験だけで

人を物差しで測らないこと。

 

 

昨日、すっごくすっごく

嬉しいことがありました。

 

 

嬉しいことがある前に

凄く悔しいと思ったこともありました。

 

 

だけど不思議なことに

悔しい!悲しい!って思った後に

涙が出るほど嬉しいことを

神様はプレゼントしてくれるんです。

 

 

 

プレゼントしてくれる時って

決まってある法則があります。

 

 

 

それは

自分の心に素直に生きているか。

 

 

 

神様はそこをちゃんと見てくれているんです。

心に素直に生きていると

悲しいこともダイレクトに感じますが

その何倍以上の嬉しさを

浴びるように味あわせてくれるんですよ。

 

 

 

 

 

 

私はね、本当に

 

素敵すぎて心が温かい人達に

囲まれていると思います。

 

 

 

 

 

 

私のことを私以上に知ってくれていて

私のことを心から応援してくれていて

 

私が自分らしさを見失いそうになった時には

私よりも真っ先に気が付いてくれる。

 

 

 

 

 

 

SNSという世界では

表面的な私しか見えないことがあります。

 

真実とは違う形でしか

見せるkとができない時だってあります。

 

 

 

 

 

 

 

だけどね、

 

SNSを通してだとしても

【私らしさ】をずっとずっと【心から】

見てくれている人がちゃんといます。

 

 

 

 

 

 

そこを感じ取ってくれるのは、

 

ちゃんと「私」という存在を

言葉の媒体だけではなくて、

 

「心」で感じとろうと

してくれているからだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面だけを見て、人を浅はかだと思う人ほど

 

・自分の知識と経験だけにとらわれすぎていないか

・自分の世界観に相手を当てはめていないか

・自分の在り方が全てだと思い込んでいないか

 

 

 

 

 

 

 

賢さとか、経験とか

それらを本当の意味で使っていきたいなら

 

自分のプライドが詰まった経験だけで

相手の今の立ち位置をすぐに測ろうとするんのではなくて

 

 

 

まずは

自分は相手のことをどれだけ知ろうとしたか?

 

 

 

 

 

どれだけ知ろうとしてくれているかなんて

「心」で第六感で、

相手は簡単に感じとれるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、メルマガの読者様から

凄く凄く温かいメッセージを頂きました。

 

初めて返信します。
私は辛口でも中辛でもいいと思います。
 
だってそれが素の聡子さんなんだから、
ありのままの聡子さんなんだから。

 

今日のメルマガが
聡子さんらしくない気がして、
つい返信してしまいました。

 

私は聡子さんの本音が聞きたい!
前向きで素敵な所も
辛口な所も、人間らしくていいじゃないですか。

私は聡子さんは温かい人だと思っています。
だって笑顔が素敵ですもん!

 

 

もうね、この返信に私は泣きました。

 

 

まさに昨日のメルマガは

ちょっと自分らしさを閉じ込めちゃった

メルマガだったから。

 

 

 

こんなにも

私以上に私の心に

気が付いてくれている

読者さん。

 

 

こんな素敵な読者さんが

私のメルマガを読んでくださっている。

 

 

 

嬉しくて胸が暖かくなって、そして何よりも

もっともっと読者さんを大切にしたい!

 

そう感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして大切な仲間からも

凄く凄く温かいメッセージを頂きました。

 

さこさんは
自分のこと以上に皆んなのことを
考えているし

それを当たり前のように
周りに与え続けている。

これって凄いことだよね。
さこさんにしか持っていないものでもある。

 

 

 

いつも一番近くで

私が起業しようと思った時から

ずっとずっと見てくれている

大切な仲間。しおさん。

 

 

こんな風に迷った時に

すぐに立ち直れるのは

 

 

私のことをずっとずっと

見守ってくれている大切な存在が

側にいてくれるからこそなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

・人には見えない人生を背負って生きている人は

どれだけでもいます。

 

 

 

・伝えきれないぐらいの感情をたくさん背負って

今ここに立っている人もいます。

 

 

 

だから私は

人のことを表面的だとか浅はかだとか

絶対に勝手な評価なんてしない。したくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

今ね、私の目の前には

私のことを心から尊敬してくれる人がいます。
全てを知っても慕ってくれる人たちがいます。

 

 

 

だからね
私はそんな皆んなを全てひっくるめて

幸せにするんです。
受け止めるんです。

 

 

 

 

 

 

私は私の生き方、感じ方で、

 

生きる。

 

 

 

 

 

 

 

あなたも、あなたの生き方で

生きて行こうね。