明日が来る保証はない

昨日、すごく胸に響く言葉に出会いました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「明日、この人と会えなくなるかもしれない」

と思って、

 

今、

目の前にいる人を大事にする。

 

 

明日の人も、昨日の人も、

大事にすることはできません。

 

 

大事にできる人は、

今日、今、目の前に存在する人だけ。

 

 

常に今日、今、目の前の人を大事にし

やるべきことをひたすら大事にやっていく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

この言葉は私の愛読書でもある

『ありがとうの魔法』という

に書かれていた一部です。

 

 

 

 

私がこの本に出会ったのは

3年前だったかな。

 

 

 

人が憎くて自己嫌悪も酷くて

それでも「変わりたいよ!!」って

心の中で叫んでいました。

 

 

 

そんな時に本屋さんに行って

出会った本です。

 

 

 

 

どうしてこの本が目に留まったか。

 

 

 

それは私の中で

「人への感謝」を持ちきれていなかったから。

だと思います。

 

 

 

 

ずーっと被害者ぶって生きてきていましたから

ずーっと相手を責めて生きてきていましたから

 

 

 

 

それでも

私の周りの人間関係は良くならなくて

 

 

 

 

なんとかして「感謝を持てる自分になろう」

って

深層心理がんでいたんでしょうね。

 

 

 

だからあの時に

この本を手にとったんだと思います。

 

 

 

 

 

今、目の前にいる人しか

私たちは大切にできません。

 

 

 

目の前にいる人にだけ

直接「ありがとう」と伝えられます。

 

 

 

 

これってさ

どれだけ恵まれていることなんだろうね。

 

写真 2020-02-02 22 50 06.jpg

 

 

 

私ね、どこで出会ったか忘れましたが

この言葉がとても好きなんです。

 
 
 
 
 
 
人生はだれのことも責めるな
 
 
 
いい人々は幸福をもたらし
 
 
 
ありがたくない人々は
 
経験をもたらし
 
 
 
もっとも始末に負えない人は
 
社会勉強を授けてくれるし
 
 
 
最高の人々は思い出をくれる

 

 

 

 

 

人生って、どれをとっても

最高の出来事しかないんですよね。

 

 

 

 

今日という1日の中で

今日しか伝えられない「ありがとう」を

目の前の人に

伝えてあげてくださいね。

 

 

 

明日も伝えられる「ありがとう」が

幻想で終わらないためにも。