◆(1)心も仕事も飛躍していくお母さん

 

昨日はリバイタルマインド講座

DAY3

 

 

 

1期生たちの笑顔が

ますます広がっていく

 

 

 

そして

素敵なサプライズも!

 

 

 

沢山の感情に出会えるこの講座

 

受講生はもちろんですが

私自身も沢山の成長を頂いています

 

 

 

 

===========

10倍増しの笑顔を作る

===========

 

今日は私のリバイタルマインド1期生

現在進行形の『変化』

 

メルマガで紹介したいと思います

 

 

 

あなたはきっとこの女性の寄り添う力

心の温かさを貰う事でしょう

 

 

写真 2020-03-26 17 47 02.jpg

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

竹田 奈津子 さん

 

 

彼女と初めて出会ったのは

2012年ぐらいだろうか。

 

 

 

私が上の息子を産んだあと

ベビーマッサージの資格を取り

ある講習で彼女と一緒になったのが始まり。

 

(実は私ね、ベビマの資格も昔取りに行ってました)

 

 

 

であり

保育士であり、ベビマの先生

 

 

〜赤ちゃんもママも心を穏やかに。〜

温かい気持ちになれるお教室を展開中

 

(彼女のHPはこちら)

https://ameblo.jp/sei-na-m/

 

 

 

 

 

そんな彼女の心の変化は

リバイタルマインドの講座の過程で

 

ある自分と出会うことになる

 

 

 

 

 

 

その前に

簡単に彼女と私の関係の紹介を。

 

 

 

 

 

彼女の笑顔は本当に輝かしくて

私も何度も彼女の笑顔に救われた1人

 

 

 

 

リバイタルの受講生となる前から

彼女とはママ友

(むしろ親友超えた家族並み)

として

一緒に過ごすことが多かった。

 

(子供の年齢も一緒、保育園も一緒ということもあり)

 

 

 

 

そんな彼女は去年の12月

私がこのリバイタルマインドの講座を

開講する予定と聞いて

 

 

「聡子ちゃん、私それ受けたい」

 

 

まだ受講生募集開始前なのにも関わらず

私に電話をして来てくれた。

 

 

 

 

この声を聞いてすごく嬉しくなった。

私の大好きな人が

一緒に講座の中でも走っていける。

 

 

 

奈津子さんはいつも私の子育ての悩みも

聞いてくれながら

そしてお互いに家族の悩みを解決し合う

 

そんな関係

 

 

ちなみに

一緒にお泊まりもしたことがある

裸の付き合いの関係(笑)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

そんな彼女が

リバイタルマインドの講座の中で

出会ったある感情

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

彼女からある一通のメッセージが届く

 

 

============

みんな素敵だ。輝いている。

その輝きが眩しすぎて

消えてしまいそう

============

 

 

 

彼女の本音が見えた瞬間。

 

彼女の笑顔の後ろに隠れていた

本当の感情が見えた瞬間だった

 

 

 

 

 

すぐに私は彼女に返事をする

============

奈津子さん!
 
謝らなくていい

 

私もみんなみんな
 
 奈津子さんが大好きだから!

 

謝らなくていい

 

大丈夫。大丈夫だから。
 

 

============

 

 

 

今は理屈で彼女に

何か言葉を投げかけるよりも先に

 

私の中で感情を先に伝えたい。

 

 

この思いが先行する

 

 

 

 

 

そして私の中で彼女への想いが

 
どんどん溢れてくる。

 

 

そして彼女へ沢山の言葉を伝えたくて

 
再び返信する。
 
 
============
 
 
奈津子さんの過程って、

 

 

絶対にみんな通る道!


というか自分に嫌気がさすことなんて
 
たくさんありすぎてさ。

 

だけどさ、

 
そんな私を奈津子さんはずーっとずーっと
 

 

 

子育てのことも

家族のことも

仕事のことも
 
 
 
 

なんなんだ!
 
この全てを肯定してくれる人は!!
 
ってぐらいに、
 
奈津子さん凄いと思う
 
 
 
 
 

だからこそ、私は

 
奈津子さんの素を
 
これからもっともっと見ていきたいと思う
 
 
 

だからさ、

 
そういう過程を進んでいく時っにって

もしかしたら
 
言い合うことだって
 
出てくるかもしれないけれど
 
 
 

もしそうなったとしても
 
私は絶対に奈津子さんのこと
 
嫌いにならない
 
 
 
 
むしろ、
 
そーゆう奈津子さんだって
 
めちゃくちゃ見てみたい
 
(笑)
 
 
 
 

それぐらいに私さ、奈津子さんのこと大好き

 

奈津子さんは私にとって

母親みたいな感覚

だからさ、

 
奈津子さんも私のこと、
 

 

年下でペーペーだけど、

 

お母さんってぐらいに、

思って欲しい
奈津子さん消えそうになったら

私全力で止めにいく。

 


それでも消えたいって
 
奈津子さんがもし言ってきたとしたら、
 
たぶん、
 
私奈津子さんのこと
 
ビンタしてでも全力で止めにいく。

私は、眩しい奈津子さんも見たいけど


それ以上に、
 
くすんで消え入りそうな奈津子さんだって
とことん見ていきたい!
 

というか、私、そんな自分を

 
奈津子さんに見させ続けてきちゃってる。

だーれも、もう、

 
奈津子さんのこと否定なんかしないよ。
 
 
 

だーれも、もう、

 
奈津子さんのこと見放したりしないよ。
 
 
 
 

大好きだからこそ嫌われたくない思い、

 
怖さ、すごくよく分かる。
 
 
 
 
 

大好きな人が

 
目の前からいなくなった時の
 
孤独感、すごく分かる。
 
 
 
 
 

けどさ、けどさ、

 

 

そんな時もあった私をさ、


電話越しで奈津子さんはさ、

ワンワン泣いてる私の事をさ、

全部受け止めてくれた。

 

 

 

奈津子さんの笑顔は、

私が守るから。

 
 

絶対に絶対に守るから。

もうね

笑顔で辛さを隠さないでね。

もうね

大好きって言葉で

 
辛さを隠さないでね。
 
 
============
 
 
 
 
このメールを打っている最中
 
私も必死だった。
 
 
 
 
 
 
ずっと前から知っている彼女の
 
今の心をね
 
何とかして助けたくて必死だった。

 

 

 

 

 

 

他の仲間も奈津子さんへ

 
沢山の優しい言葉を投げかける

 

 

 

 

 

そしてそこから、やっと彼女の本音が

 

言葉として出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

人を羨ましがってしまう自分

 

 

 

 

 

そして彼女は

 
沢山の本音

伝えてきてくれました

 
(続きは20時のメルマガで)