◆等身大の自分

 

 

今日も相変わらず

富山はいい天気でした。

 

 

 

早朝は倫理法人会に参加し

会員スピーチで5分間話しをし

 

 

 

 

来来亭の赤尾さんと一緒に

土曜日に開催する

リバイタルマインド3回目講座の

会場の下見

 

 

 

 

そこから、ネネさんのサロンに行く。

 

 

 

メイクもしてもらい

心もとっても気持ちよくなった私は

 

ネネさんから

「午後から大好きな人に会っておいで!」

と言ってもらい

 

 

 

このメルマガは環水公園で書いています

(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はね

ちょっと私の思いをつらつらと

書いていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

最近色んな人から色んな言葉をもらいます。

 

 

 

胸がぎゅっと締め付けられるような言葉や

心が暖かくなるような言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に1つ伝えてもらった言葉

「先走り過ぎて振り返ったら

後ろが付いてきていないこともあるんだよ」

「そんなことにならないように、

周りを見てあげなくちゃいけない」

「なんだかちょっと違和感を感じるんだ」

 

 

 

 

 

どれも私にとって

胸に刺さる言葉。

チクチクする、なんでだろう。

 

 

 

 

 

 

 

この言葉は一体何を私に

知らせてくれようとしているんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸が締め付けられるような思いを感じながらも

必死に向き合わなくちゃと思う自分。

 

 

 

 

 

ひたむきにをモットーに
 
一生懸命頑張っているはずなのに
 
 
 
 
 
 
 
私らしく進むことと
 
先走りすぎて周りがついてこなくなること
 
その塩梅って一体どういうことだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことが頭の中で
 
ぐるぐる巡っていたここ最近。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何をどこでブレーキをかければいいのか
 
どのスピードで私は本当は走って行けばいいのか
 
 
 
実はね、すごく迷ってた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周りの意見を素直に聞くことと
 
周りを見ることと
 
自分のスピードをどう変化させていくのか
 
 
 
 
 
頭の中でぐるぐる渦巻いていたとき、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤尾さんから頂いた
ある言葉に救われました。
 
 
 
 
さとちゃん自身が加速することは、
自分自身を高めること。
 
 
速度調整をすることは、
人に対する伝え方。
 
 
 
小学生の二人三脚リレーで
1人突っ走ったらどうなる?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この言葉を頂いた瞬間、
 
私の中でぐるぐる渦巻いていたものが
 
解け始める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私ね、一生懸命になり過ぎて
 
1人で突っ走ろうとしてたんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
1人で突っ走れば、みんなが転んでいく。
 
 
 
 
 
 
じゃあ、転ばせてしまった後は?
 
 
 
先に突っ走ってごめんね、痛かったよね、
 
 
そして一旦足を止めて、
 
よし、行こう、そう伝えてあげる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私だけが前に進みすぎるのではなくて、
 
前に進みながらもみんなを見てあげる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私さ、
 
気がつかないうちに必死になってた。
 
 
 
 
 
 
そしてそれに気がつかないふりをして
 
いい言葉でひっくるめようとしてた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先走ることで、
 
認められたいという思いの方が
 
先走ってしまっていたんだな、って。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つまりさ
 
 
自分で自分の心を満たしきれないぐらいに
 
自分の心の器をしっかり把握できていなかった。
 
 
(どんどん痛い言葉が露わになる)
 
 
 
 
 
その器からは自分の心はもう溢れ出していて、
 
自分で量を調整すればいいのに
 
 
みんなから器を貸してよ!ってなっていた。
 
 
(またどんどん自分の気持ちが見えてくる)
 
 
 
 
 
 
 
 
今の自分の入る容量の器をしっかり確認して
 
いつも満杯じゃなくて少し余裕を持って
 
ちゃんと心から周りへ速度調整できる私になる。
 
(そっか、こういうことなのか)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あらまあ、という感じに
 
自分の心の声が言葉になって見えてくる。
 
 
 
 
 
 
けどね、見えた瞬間に
 
次の答えに気が付ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私はちゃんと受講生に対しても
 
人に対しても
 
 
 
 
 
置いてけぼりにさせないで、
 
 
 
 
大切な声を
 
もっとちゃんと拾っていける私に
 
なっていこう
 
 
 
 
 
 
 
今まで見えていなかったものが
 
見えるようになってくる
 
 
 
 
 
 
進めば進むほど
 
出会う課題は沢山
 
 
 
 
 
 
 
 
みんな
 
「等身大の自分」を
 
とことん大切にしてあげてね。
 
 
 
 
 
 
私もね
 
「等身大の自分」を
 
大切にしてこうと思います。
 
 
 

写真 2020-02-24 14 06 57.jpg