2:お母さん、もう悩まないで

第2章
 
 
 
私がなぜ【歌】を作ろうと思ったのか。
 
〜過去のあの時の思い〜
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
初めて息子を出産した時、
 
・初めての育児
 
という、
 
大きな「母親」としての役割の変化。
 
 
 
mother-1039765_1920.jpg
 
 
 
 
 
 
 
お腹を痛めて産んだ我が子は愛おしくてたまらない。
 
なのに
 
『初めて』という経験だらけの毎日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・初めての授乳に母乳とミルクの悩み
 
・初めての夜泣きに何時間も抱っこをし続ける
 
・抱っこばかりで家事は捗らない
 
・睡魔に追われながらも我が子を優先し、睡眠時間を削る
 
 
 
 
 
 
 
 
想像していた子育て以上に、
 
また新しい悩みに直面する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周りには親しい友人もいない。
 
夫は仕事で遅い。むしろ単身赴任でいない。
 
 
 
 
慣れない環境に慣れない育児は、
 
そう簡単なものではありませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎日がガムシャラ。
 
 
 
幸せもあるけれど
 
毎日がガムシャラ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時に
 
当時、私の心の中にあったのは
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
「この言葉にできない言葉を、
 
誰かが寄り添って言葉に変換して声かけてくれたら。。」
 
 
 
 
 
「涙としてたくさん流すことができたら、
 
どんなに楽になるのだろう」
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時に探していたのは
 
 
【 私をわかってくれる『言葉』 】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、我が子を片手に抱きながら
 
本を読む時間もない。本を探しにいく時間もない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
唯一できたのは、
 
かろうじて空いた片手でスマホを握ること。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スマホは当時の私にとって、
 
唯一外の世界と繋がることができる
 
ライフラインでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
今のこの心を癒してくれる言葉は、
 
ポエムなどはあるけれど読む暇もない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時に私は、こう思ったのです。
 
 
 
 
「あ、だったら両手がふさがっていても耳から聞ける」
 
「私の心を癒してくれる歌ってどこかにないのかな?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スマホを片手にYouTubeで検索をする。
 
だけど
 
求めている歌は一向に出てこない。
 
 
 
 
 
 
家族を思う歌や、
 
結婚式で両親への感謝の歌はたくさんあるけれど
 
『 お母さんの心に寄り添える歌って、少ないんだな 』
 
 
 
 
 
そう気が付いたのが7年前でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
=================
 
 
 
これが「歌」を作りたいと思った
 
キッカケの過去。
 
 
 
 
少し長くなってしまったので
 
明日の7時にこの続きをお話ししますね。
 
 
2020_header_pc.jpg