人との繋がりが思い通りの未来を創る

私は

「人」が好きらしい。

 

ダウンロード (1).jpeg

 

今日はどんな一日になるでしょうか。

あなたは毎日を

心から楽しむことが出来ていますか?

 

 

 

 

 

人はさ
 
表面だけ見れば輝いているように見えて
 
 
 
「羨ましい」とか
 
「いいなぁ」とか
 
 
思う人もいる。
 
 
 
 
 
 
 
 
けどね
 
結構みんな表面では見えない何かを
 
抱えていたりする。
 
 
 
 
 
 
 
それを
 
悩みとして良くないこととして
 
考えることもあるかもしれない。
(昔の私がそうだった) 
  
  
 
 
 
 
 
 
 
表面に出しているものがあの人の全てだと
 
それを周りから捉えられ
  
  
  
自分の内に秘めた印象のギャップに
 
悩むこともあるかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
光を知る人は、闇を知る人
 
 
 
 
闇を知っているから、
 
光のありがたみが分かる
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
そんな言葉もある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昔の私は
 
 
「闇を乗り越えなければ
 
光を伝えてはいけない。」
 
 
 
そう思っていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でもさ
 
 
どんな時でも、意外と闇って大きかれ小さかれ
 
次々と出てきたりする。
 
 
 
 
 
 
 
悩みを乗り越えたその先に
 
光続けなければならないわけでもなく、
 
 
 
 
悩みを克服したから
 
光続けられるわけでもなく、
  
 
 
 
 
 
 
===============
 
実は『闇さえも光』だったりする
 
===============
 
 
 
 
 
 
 
 
光にならないと
 
人は寄ってこないわけでもなくて
 
 
 
 
 
 
太陽のような眩しい光は
 
周り全体を明るく照らして
 
温かさも与えてくれるけど
 
 
強すぎる光って、直視できない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、夕陽と同じように
 
たまに自分の光を調節してあげることで
  
  
 
やっとその光を直視して
 
癒しをもらうこともできる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光の調整っていうのは
 
闇 を出すのも癒しになる」
 
闇 を出せるから人が近寄りやすくなる」
 
のかな、って。
 
 
 
 
  
  
 
 
まぁ結果何が言いたかったかというと
 
­­
 
 
どんな自分でも『』なんだよね。
 
 
 
 
 
 
 
誰だって未熟さは持っていて
 
未熟さはあったとしても
 
それも含めて「大切な自分」
 
 
 
 
 
 
 
 
思いをつらつら書いたら長くなりました。
 
皆さん本当にありがとう。