「お母さん」を辞めたい!という衝動。

こんにちは!
 
あっという間に11月。
 
年の瀬も迫ってきていますね。
 
 
 
 
 
 
 
最初に伝えておきますが
 
今日のメルマガは
 
プチ小説並みに長いです(笑)
 
 
 
 
 
 
 
私の経験談と
 
「お母さん」になったからこその
 
悩みについて書いていたら
 
長くなってしまいました^^;
 
 
 
 
 
最後に大切なお知らせがあるので
 
時間を作ってゆっくり読んでもらえると
 
嬉しいです。
 
Photoelly001_TP_V.jpg
 
 
 
 
 
今日はね私、東京に来ています。
 
 
 
 
 
 
何をしに来ているかというと
 
 
 
 
 
 
私が去年受講した星渉先生の
 
神メンタル実践講座の第2期の
 
サポートスタッフとして
 
今日から毎月2回、東京です!
 
 
 
 
unnamed (2).jpg
 
(サポートスタッフは
去年の神メンタル実践講座1期生メンバー4人)
 
 
 
 
新幹線に乗って東京まで行き
 
会場まで同じ道を歩く。
 
 
 
 
 
 
 
 
1年前のあの頃と今は
 
本当にガラッと
 
環境も人脈も変化しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
変化というよりも、
 
バージョンアップと言ってもいいのかな?
 
という感じですが
 
 
 
 
 
 
 
実は今年の2月に私は
 
紙にあることを書いていました。
 
 
 
 
 
 
それは
 
「星先生と一緒に仕事ができる私になった。」
 
と書いていたのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そこから不思議なことに
 
 
 
 
 
 
 
9月の富山講演会はもちろん
 
今回の2期生のサポートスタッフとして
 
本当に一緒にお仕事が出来ている!
 
ということに気がつきました。
 
unnamed (1).jpg
 
(奥の方に星先生が小さく写っています笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1年前の私は
 
ほとんど富山から出ることもなく
 
富山という中だけで生きて
 
年に1回県外に旅行に行けばマシな方。
 
 
 
 
 
 
だったのに
 
 
今は「お母さん」でも
 
こんなにも行動を広げることって可能なんだな!
 
ということに気がついたのです。
 
fde49f05f4c9a2b19d850812485977fa_t.jpeg
 
 
 
 
 
 
 
私は、22歳で子供を出産。
 
言ってみれば授かり婚。
 
 
 
 
 
 
 
周りの友人はまだまだ遊び盛りで
 
そんな友人を見ては
 
羨ましく思うこともありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
子供を産んだからこその幸せを感じ、
 
母親としての自覚が芽生えたとともに
 
 
 
 
 
それとは裏腹
 
 
「母親」という役割に
 
しがらみを持つ時もありました。
 
 
 
 
 
 
 
子育てで苦しい時に
 
「お母さんなんだから
 
子供のために我慢しなさい」
 
 
そう言われることもありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてそこから私の中に芽生えてしまったのは
 
 
周りからよく思われるお母さん
 
= 良いお母さん
 
 
という枠組み。
 
 
 
 
 
 
 
良いお母さんというのを作るために
 
周りからの評価を気にしている自分。
 
 
 
 
 
 
 
 
だから
 
外では良いお母さんになれていても
 
家ではガミガミ言ってしまうお母さん。
 
3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_t.jpeg
 
 
 
 
 
 
 
 
よく言われていたのは
 
『聡子ちゃんって全然怒らなさそう!』
 
という他者評価。
 
 
 
 
 
 
 
周りからの目線を気にして
 
自分を「良いお母さん」になるために必死で
 
 
 
 
気がつけば「私」というものは「お母さん」
 
という役割に隠されてしまっていたんですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから
 
私の頭の中にずっといたのは
 
「良いお母さんになるための『私』」
 
 
 
 
つまり
 
「世間が抱いている
 
「良いお母さん」にならなければならないという
 
しがらみ」
 
 
 
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
良いお母さんになることで
 
「私らしさ」を封印して
 
「良いお母さん」という役割を作ることで
 
自分の良い自己評価を作ろうと頑張っていたんです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
 
 
でもそこには
 
 
 
「私らしさ」を大切にした自己評価を
 
持っていないことに
 
私は気がついていなかった。
 
 
 
 
 
 
 
だから
 
怒ってしまう自分や
いつも笑顔になれない自分に
 
自己嫌悪を抱いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時に
 
「いつも楽しいことをしているお母さん」
 
「自由に仕事をしているお母さん」
 
 
を見ると、羨ましいという思いとともに
 
「お母さんらしくない」という
 
反発的な感情も抱いていたんです。
 
 
 
 
 
 
けどそれって
 
 
 
本当は自分もそうなりたい。
 
という心の裏返し
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
羨ましいとか、妬みっていうのは
 
結局は
 
『自分もそうなりたい』
 
という本心なんですよね。
 
bbb449f79957c6986374e439c78be738_t.jpeg
 
 
 
 
 
 
 
あなたの
 
『自分らしさ』って何ですか?
 
 
 
 
 
 
 
私ね、最近
 
「やりたいことを見つけたい」とか
 
ありがたいことに
 
「聡子さんのようになりたい」
 
言ってもらえることがあります。
 
 
 
 
 
 
今私が一年前と比べて
 
こうやって色んな人に出会えて、行動しよう!
 
と思えるようになったのは
 
 
 
===================
 
「お母さん」という枠組みではなく
 
「私自身」の気持ちを
 
大事にしようと思ったからだと思っています。
 
===================
 
 
 
 
 
 
だって人生一回きりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の想いを人が大事にしてくれないから
 
自分の想いは自分で大事にしたって良いよね。って。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今私は料理教室をしています。
 
生徒さんの生活や心の変化を見ると
 
とても嬉しく思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
たくさんのお母さんに
 
もっともっとその先も見させてあげられるように
 
私自身もどんどんバージョンアップ
 
していこうと決意しました。
 
 
 
 
 
==================
 
私が生み出したいと思っているのは
 
「夢を叶える自立した女性」
 
==================
 
 
 
 
 
 
 
そのため皆さんへ
 
あるアンケート
 
お願いしたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
それは
 
あなたの人生の満足度を
 
もっともっと上げていくためのアンケート
 
 
 
 
料理、自分の生活を整えた先に、
 
もっともっと『自分』というものを
 
輝かせる方法を作っていくために
 
 
 
 
 
皆さんのを、悩みを、希望を、
 
私に教えて欲しいのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンケートに関しては
 
私の方から個別に
 
送らさせていただこうと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時は是非
 
ご協力をしていただけると嬉しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてアンケートを答えてくださった方には
 
「感情コントロールする方法の音声プログラム」
 
 
「家事の効率を格段にあげるための小冊子」
 
 
この2つをプレゼント
 
したいと思います^^
 
 
 
 
 
 
 
 
※もし、アンケートに答えたい!
という方はこちらのメルマガに
「アンケートします!」とご返信ください^^
 
 
飛んで喜びます(笑)
 
 
unnamed1.jpg