おっ!別に病んでないですよ(笑)

いつ誰が
 
「母親」とはこういうものだ。
 
と決めつけた?
 
 
 
 
今日のメルマガは
 
母親びいきのメルマガです。
 
 
 
ちょっといつもよりも
 
私的感情が入っています。
 
 
 
 
私自身が母親だからこそ
 
感じる思いのメルマガになっています。
 
 
 
 
 
 
 
読んでいて不快になる方もおられるかもしれません。
 
 
 
 
この先、読み進めたくないな。
 
そう思った人は
 
この時点でメルマガを閉じましょう^^
 
 
 
 
 
 
 
それでも読み進めたい人は
 
怖いもの見たさで読んでくださいね^^)
 
 
 
 
 
 
私ね
 
「母親だから」という言葉が
 
嫌いです。
 
 
 
 
 
 
 
「母親」という言葉はあったとしても
 
「母親だから」という決まりは
 
誰の指標でしょうか?
 
 
 
 
 
「母親なんだから」
 
 
 
 
 
母親自身がその言葉で
自分の人生を豊かにできる手段であるなら
それで良い。
 
 
 
だけど
  
 
 
その言葉が隠れた制限を
作っていることだってある。
 
 
 
 
 
 
 
 
母親だから、とか
 
父親だから、とか
 
 
 
 
 
 
その言葉はさ、
 
んー、あんまり安易に使っちゃいけないかな。
 
って思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その言葉には
 
 
その役割の中だけでしか
 
生きていけなくなるような
 
それぐらいの威力がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その人自身がどうやったら親という中で
 
 
===================
 
自分らしさを手放さなくても良い人生を
 
「良し」として
 
生きていくことができるか
 
===================
 
 
 
 
 
 
 
結局「母親だから」という言葉の意味に
 
反したと感じた瞬間、
 
 
 
「自分てダメな母親なのかな」
 
なんて思うトラップに入る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなわけないじゃん。
 
ダメな母親な訳ない。
 
 
 
 
 
 
 
やりたいことを、やりたいって言って
 
何が悪いの?
 
 
 
学びたいことを、学びたいって言って
 
何が悪いの?
 
 
 
 
 
もっと自分を表現したっていいじゃん。
 
 
 
 
 
 
 
物理的にどうしようも出来ない環境は
あるかもしれないけれど
 
 
それでも
 
 
そこからどうやったら前に進めるか手段を見つけ出す。
 
 
 
 
 
お母さんだっとしても、
 
一人の女性だ。
 
 
 
 
 
 
発信することも
 
自分の伝えたいことも
 
やりたいことも、口に出そう。
 
 
 
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
その中でも
 
子育てで悩むことって本当に沢山ある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この子のために何が出来るんだろう?
 
とか。
 
 
 
 
 
この子は私が側にいない方がいいのかな?
 
とか。
 
 
 
 
 
 
 
どれが正解かも分からないけど
 
それでもお母さん達は
 
ひたすら一生懸命、子供達と向き合ってる。
 
 
 
 
 
 
仕事もして
 
家事もして
 
育児もして
 
 
 
 
 
それでも自分のやりたいことだって
 
本当は自由にやりたいさ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日実は(軽くカミングアウトしますが)
 
思わず   悔し涙   が溢れまして、
 
息子に見えないように泣いてしまったのですが
 
 
 
 
真っ先に息子はそれに気が付いて
 
「ママ、どうしたの?」
 
「嬉しくて泣いてるの?」

「それとも悲しくて泣いてるの?」
 
と。
 
 
 
 
「何にもないよ。ごめんね」
 
と私が言うと
 
息子はティッシュだけ
 
置いていってくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりさ
 
『母親なんだから○○しなよ』
 
とかって言葉は、結構キツイ瞬間ってある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母として、日々葛藤したりしているからこそ
 
サラッと言われるときの言葉って結構エグい。
 
 
 
 
 
 
どこまでが母親らしさなの?
 
どこまでが良い母親なの?
 
その中に「私」を持ったらいけないの?
 
 
 
 
 
そんな思いも交差してね。
 
 
 
 
 
 
 
でもね、
 
子供だけがなぜかいつも
 
『母親』としてではなく
 
『私』として見てくれている。
 
 
 
 
 
本当に凄い。子供って凄い。
 
 
 
 
 
きっと「私らしさ」を
 
一番知ってくれているのは
 
子供なんでしょうね。