後でもいいは、もう来ない

「 後からでもいいや。」

「 今じゃなくてもいいや。」

 

その言葉

一日何回 言っていますか?

一日何回 思っていますか?

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

自分の生活を変えたいとか

自分の性格を変えたいとか

 

 

あの人みたいになりたいとか

あの人に会ってみたいだとか

 

 

 

 

 

 

そんなことを思っていても

いつもの日常に追われて

 

 

子供に結局イライラしたりとか

仕事に不満を持ったりだとか

人間関係に愚痴を言ったりだとか

 

 

 

例えばそこで

自分を変えるチャンス

転がっていたとしても

 

 

 

手に取れない人のほとんどが

 

「後からでもいいや」

「今じゃなくてもいいや」

 

って思っていたりする。

 

 

 

 

 

 

じゃあさ

後からでもいいっていうタイミングって

自分で具体的にどのタイミングか言える?

 

 

じゃあさ

今じゃなくてどうなった時に

そのタイミングが来るかって

自分で具体的に言える?

 

 

 

 

 

今じゃなくてもいいタイミングの理由を

具体的に言えないってことは

 

 

それはただの言い訳

にしか過ぎないって思うんです。

(と、厳しいことを言っちゃいましたが
私はいつもこの言葉を自分自身に言い聞かせてます(^^;;)

 

 

 

動けないで燻ってるなら

動いてから踠き通せ!

 

 

自分の中で考えていても現実は変わらない。

動いたからこそ、そこに結果がついてくる。

 

d85a027e582e4cf5621a00729efbc94c_t.jpeg

 

 

 

動くのが苦しい時だって

もちろんありますよ。そりゃああります。

 

 

 

 

 

孤独や不安や寂しさや辛さ

一気に押し寄せること

私にもあります。

 

 

 

いやむしろ、ありました。

しかもここ最近。

6月7月ぐらいだったかなあ〜、、。

 

 

 

 

 

 

 

多分昔のメルマガにも書いたけど

その時に色んなことがのしかかって

 

 

 

 

家にいることも本当に辛くてたまらなくて

それでも

「今の自分にできることは何か」

をひたすら考えて

 

 

 

本当は動きたくないぐらいに

心も全く追いついていなかったけど

 

 

 

それでも

動かないと何も進まない!

と思ったから

 

 

とりあえず出来るところから

ひたすら動いたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

それが私は

子供部屋のおもちゃの片付け。

(この時これが唯一出来る精一杯の動く手段でした)

 

 

 

 

 

この時の私は動いてないと

孤独と不安と苦しさに押しつぶされる寸前だったので

 

 

 

自分に

「大丈夫だから!私は大丈夫だから!」

そんな言葉を一人泣き叫びながら

必死で自分を奮い立たせて動いてました。

 

 

(こうやって客観的に書くと
一体私どんな人だって感じですが、、)

 

 

 

 

という感じで

踠いて苦しいと思うことって。

 

 

 

 

 

 

だけどそんな時に

支えてくれる友人や仲間だったり。

 

 

救われる瞬間って必ず来るんです。

 

 

 

 

悩むなら動け。

悩んだ時こそ外に出ろ。

 

 

 

小鳥のヒナは

卵の殻から出る時は

一生懸命自分のクチバシで殻を突つくから

外の世界に出ることが出来る。

 

 

 

 

 

だからさ、結局はそれって人間も同じ。

 

自分の殻を破るのは自分。

 

unnamed1.jpg