うちの息子が1人で宿題をするようになりました

小学生のお子さんを持つ

お母さんへ

 

 

子供の宿題問題って

大変じゃないですか?

 

 

 

 

今日は私の息子(小1)が

 

1人で 宿題をして

1人で 時間割をして

1人で 水筒を準備までして

 

まさかの

計算大会で1位になってきた

 

 

その過程について

 

 

私がやってみた方法

お伝えしていきますね!

 

ddcd8b2b208637787a3f74fc9b1f6188_t.jpeg

 

 

 

先に結論を言います。

 

安心してください。

完璧放置で子は育つ

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

私の息子は今年から小学生になりました。

 

 

先輩ママからは

 

「小学校は宿題が大変だよ〜」

「夏休みの宿題も面倒くさいよ」

「いつも宿題しなさいって言ってる」

 

など、

小学生のお母さんは大変

 

ということを聞いていました。

 

 

 

 

入学前までは

まだその大変さを実感していませんでしたが

 

 

 

入学後、

その大変さを実感。

 

 

 

こういうことかー!!

って、、。

ダウンロード (1).jpg

 

 

 

 

 

宿題の中には

「自己学習」とかいうものもあり

それは親が問題を考えて

子供がそれで自主学習する。

 

といったものだったり。

 

 

 

配り物も多いし。

連絡帳は見なくちゃ行けないし。

 

 

 

子供がすることよりも

親がすることの方が多いんじゃない!?

 

 

っていうぐらい。

 

 

 

これが小学生ママの日常なのか〜〜

と思いました。

 

 

 

 

 

 

それで

 

私ってね

 

 

メルマガでもよく書きますが

 

面倒くさがり屋

なんですよ。

 

 

 

自分の時間は自分のために使いたいし

自分の事だけしかしたくないし

家事も必要最低限だけで良いって思ってるし

ご飯も超手抜きして楽したいし

 

何と言っても

自由奔放なB型。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもって

 

私の息子も

 

 

自由人。

 

テレビは大好きだし

レゴも大好きだし

友達とは勝手に遊びに行くし

 

そんな息子も

典型的なB型(笑)

 

 

 

親子揃って

自由なB型なんですよ。

 

 

 

 

 

 

最初は私も

息子の宿題に対して

「ちゃんとやった?」

って、口うるさく言ってましたし

 

 

時間割対しても

息子に言ってもしないから

私がしていたり、、

 

 

 

だけどさ

 

 

 

普通にイライラ

してくるわけですよ!

 

 

 

 

 

言ってもやらないし。

言ってもやるまで遅いし。

 

 

 

 

だからね

 

小学一年生の息子に対して

 

放任主義にしたんです。

 

 

 

そう、つまり

 

なーーんにも言わない!

 

 

 

 

一応、一回ぐらいは

「宿題した〜?」

とかって聞いたりはしました。

 

 

だけど

・宿題をしてなかったとしても

親の私は気にしない!

 

 

・時間割をしていなかったとしても

親の私は気にしない!

 

 

 

もうね、

気にしないことにしました。

 

 

 

それでもって

たまに時間割はしてあげるんですが

 

 

私もこれまた適当な母ちゃんなので

準備してあげた時間割が

間違っていることもあって。。^^;

 

 

だとしても

私は気にしません(笑)

 

 

 

そして私は

 

●宿題しなさいと言わない

●時間割は絶対に私から勝手にやらない

●水筒の準備も私からしない

(これは私が単純に忘れることが多いだけなのですが)

●連絡帳も私から積極的に見ない
(これも私が普通に面倒くさいから^^;)

 

 

で、

結局息子はそのあとどうなったかというと

 

 

 

息子は私に

こう言って来るようになりました。

 

 

 

「今日連絡帳でこんなこと書いてあるから見ておいてね!」
(息子自ら連絡帳の内容を伝えてきてくれる)

 

「もう宿題終わった」
(学童でしてくることもありますが
直帰しても宿題をしてから遊びに行く)

 

「夏休みの宿題も終わった」
(これは一番驚きました。え、いつの間に!?というぐらい)

 

「水筒に準備せんなん!ママ水筒どこ?」

 

 

とまあ、

 

気がつけば息子が全部1人で

出来るようになっていました。

 

 

 

 

 

 

何もしないほうが

勝手に1人で

出来るようになっている

 

 

これほどなものはない。

 

d6dd3e4d617b3f7e29e81dbc2a4ab94b_t.jpeg

 

 

 

で、

 

どうして息子に

「いつの間に1人で出来るようになったの?」

と聞いてみたところ

 

 

時間割に関しては

「だって、ママすると間違えるから〜」

 

連絡帳に関しては

「だって、ママ見てくれないから〜」

 

水筒に関しては

「だって、ママいつも忘れるから〜」

 

 

 

この返答だけ見れば

私って本当に何も出来ていないお母さん(笑)

 

 

 

ですが

 

 

この放任主義のおかげで

小学校に入学して半年で

 

息子の学校の準備に関しては

全く手を付けなくて良くなりました!

 

 

 

おかげで母は

朝から超楽です。

 

 

 

子供に良い自立を促したいなら

関わりすぎないことも

大事なのかもしれませんね^^

 

 

 

 

それでもって

 

 

 

子供に自立をしていってもらうと

自分の時間が

生まれます。

 

 

 

子供に手がかかって

自分の時間がないんですー!

というお母さん。

 

 

 

手がかかる子供

ではなく

 

自分が勝手に

手をかけているだけ 

 

かもしれませんよ?

 

 

手を抜くのは家事だけではなく

 

子供との関わりも

適度に手を抜いても

良いかもしれませんね!

 

 

適度に手を抜くメリットは

結構たくさんありますよ!!

f95416b13da87ccb111a5bdc06d117f1_t.jpeg