あなたを支える言葉

みなさんには

この言葉だけは言いたくない!

この言葉だけは聞きたくない!

 

 

という言葉はありますか?

 

 

 

 

 

今日なぜこのメルマガのタイトルに

しようかと思ったかというと

 

 

 

昨日色々ありまして

ふとね、気が付いたんです。

 

 

 

私ね、ある言葉だけは

絶対に人にも自分にも言いたくない

そんな言葉があるんです。

 

 

 

 

 

それはね、

 

「悩んでいるのは

貴方だけじゃない」

 

という言葉

 

 

 

 

この言葉を言うときは

もちろん時と場合によりますが

 

 

私は

本当に悩んでいる生徒さんに対して

絶対にこの言葉を使わない。

 

と決めています。

 

 

 

 

 

人ってしい時

本当にい時って

 

周りが見えないぐらいに

とことん苦しくなるんですよ。

 

sam2-29.jpg

 

頑張っている人や

輝いている人をみると

 

余計に辛くなったり

苦しくなったり。

 

 

私もその気持ち、本当によく感じるんです。

 

 

 

 

自分が苦しい時って

周りからしたら

「そんなことで?」

と思うことですら

 

くてしくて

もがいている時って

必ずあるんですよね。

 

 

 

それを

勝手な主観で

「他にも悩んでいる人はたくさんいるよ」

という安易な言葉は

良い意味で使う人もいるでしょう。

 

 

相手のその悩みを軽くしてあげたいがために

その言葉を発する人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

だけどね

 

 

 

 

私はその言葉が

嫌いでした。

 

 

 

 

 

 

それを言われた瞬間私の中で

「こんなに辛いのに

周りの人の辛さと一緒にしないで!」

そう思っていた 幼少期 があったから。

 

 

なに甘えてるんだって思うかもしれませんが

私は何よりも一番優先したいのは

孤独や辛さを受け止める瞬間を

作ってあげること

 

 

 

辛さや苦しさを受け止めてもらえない

孤独感

 

 

 

これって本当に些細なことですが

心の憶測に、

ずーーーっと引っかかるんです。

 

 

 

 

 

これは私に限らず

人の心理の話にもなりますが

 

 

 

自分を受け止めてくれない人に

自分のことって話したくないんですよ。

 

 

 

それが

直接的であれ、間接的であれ

 

 

まるで

自分の考えが正しいかのように

相手を否定するという言葉のパターン。

 

 

否定したつもりはなくても

自分の意見を強く言い過ぎることで

結果的に相手を否定しているという

パターンもあるんですよね。

 

 

 

 

 

だからね

私は悩みや辛さを話してきてくれたときに

まず伝える言葉があります。

 

 

 

それは

「無理に頑張ろうとしなくても良いよ」

「辛いときはトコトンその感情に浸っていい」

「浸りきった後に、やっと這い上がれる」

「その瞬間から、解決策を出していこう」

 

20171022092614.jpg

 

 

人の悩みを聞くときは勿論、

これって

夫婦関係や親子関係でも同じですよね。

 

 

 

相手が自分を受け止めてくれないのは

自分が相手を受け止めていないから。

 

 

 

気持ちを分かりあうことは

難しくても

 

気持ちを共有しあうことは

できるんです。

 

 

 

だからね

最初っから解決策を

すぐに提示するやり方は

私は しません。

 

(あ、人によってはその方法が合っている!と思う人にはその方法で提示しますが)

 

 

その人がどんな感情で今この瞬間

私に伝えてきてくれいるのか。

 

 

そこを読み取った上で

 

今この瞬間、

 

・相手には共感が必要なのか

・相手には解決策が必要なのか

 

そこを一番に考えています。

 

 

全てが正しい選択ができているとは

私自身言い切れませんが

思いを汲み取るって本当に大切だと思っています。

 

 

 

 

だからね

私の料理教室の講座1回目では

必ず生徒さんにある宿題を出します。

 

 

 

それは

「先に与えること」

先に与えるというのは

物を与えるだけではありません。

 

 

思いや 気持ちを

先に与えるということ。

 

 

 

辛さや悩みを共感するという

受け止める姿勢を先に与える。

 

感謝や謝罪を先に与える。

 

先に与えた先に

思わぬ感動が待っているんです。

 

 

 

たった一言で

相手が優しくなってくれるなら

 

たった一言で

相手が心を許してくれるなら

 

変に意地を張る必要もない。

 

 

 

 

 

 

どれだけ嫌な人だと思っても

嫌な人だと作り上げているのは

実は自分の感情なんです。

 

 

 

誰とでも仲良くしましょう!だなんてことは

これっぽちも思いません。

 

 

ただ

人生上手く生きていくための

人の距離感や

人との接し方は

 

自分で作ることって可能なのかな、って。

 

 

 

 

それが

 

先に与えるということ。

 

 

 

 

みなさんは今日

誰に何を先に与えますか

 

 

 

 

私は今日会う人に

先に与えることをまずはしてみます。

 

 

小冊子準備中!

スクリーンショット 2019-09-03 11.47.01.png