あなたは「お母さん」を選んで産まれてきた

胎内記憶って聞いたことありますか?

 

 

胎内記憶は

お腹の中にいる時の記憶。

 

 

3才〜6才ぐらいまで

覚えていると言われているんだけど

 

 

 

胎内記憶に関する

昔、読んだことがあるんです。

 

 

 

その本は

胎内記憶を話した子供達の記録でした。

 

===============

 

「なぜ、

このお母さんを選んで

産まれてきたのか」

 

===============

 

 

ほとんどの子供達は

・優しそうなお母さんだったから

・綺麗なお母さんだったから

って答えることが多いみたい。

 

 

 

だけどね、その中でも

・障害を持って産まれてきた子供達

・母親が居なくなってしまった子供達

 

その子供達が

なぜ、

そのお母さんを選んできたのか

 

 

胎内記憶から知る

「ある理由」があるんだそうです。

 

 

 

 

 

 

お母さんのお腹の中に宿る前は

みんなお空の上で神様と過ごしているみたい。

 

 

お空の上から

自分はどのママの子供になろうか探していて

「あのママがいい!」

と思ったら、

神様のところにお願いに行くんだって。

 

 

 

 

神様から

「行きなさい」と言われた子が

そのママのお腹へ飛び込む。

 

 

 

 

だけどね、中には

障害を持って産まれる選択をする子もいる。

 

 

 

その子は自ら、空の上で

「障害を持って産まれる」と決心して

産まれてくるらしい。

 

 

誰もその選択肢を選びたくないけど

誰かが選ばざるを得なくて、

 

誰も選びたくない選択肢を

自ら選んで産まれてくるらしい。

 

 

 

それは本当に

勇敢な子にしか出来ないこと。

 

 

 

 

そして何よりも

「あのママなら、私を育ててくれる」

そう選んで、

お腹の中へ飛び込んでくるらしい。

 

 

 

だけどね

時には虐待だったり、お母さんが居なくなったり

そんな選択肢を背負って産まれてくる子もいる。

 

 

 

そんな子たちは

何の使命を背負ってこの世に飛び込んでくるのか。

 

 

それは

自ら「命」の尊さを伝えるため。

その使命を持って空からこの世に降りてくる。

 

 

そんなことが

胎内記憶のには書かれていました。

 

 

 

 

そんなのね

ただの言いがかりかもしれない。

 

現に、現実はとても辛くて苦しいことが多くて

理不尽な世の中に嫌気だってさすかもしれない。

 

 

 

自分の子供であれ

自分が子供の時であれ

 

 

どの環境においても

『あなたは何かを伝える使命を持って

産まれてきた。

『あなたにしか伝えれない使命を持って

産まれてきた。

 

 

 

痛みを知れば、

その痛みに共感できる人になる。

 

幸せを知れば、

人に幸せを分け与えれる人になる。

 

 

そう

どちらも生きていく上で大切なこと。

 

 

どんな人生であれ

例え今が凄く苦しい状況であったとしても

その先には、必ず意味がある。

 

 

そんなことを

胎内記憶の本から感じました。

 

 

 

今日は

私の思いを、またつらつらとお話してしまいました。

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

4053235266_2b040aa499_o.jpg

 

 

<募集開始!>


名限定

 

お母さんのイライラとバタバタを解決する

無料個別相談会行います。

 

===============

家事効率を上げて

時間に終われないお母さんになりましょう!

===============

 

お申し込みはこちらから

↓↓↓

https://egao5han.com/?p=135

unnamed (3) 14.06.54.jpg