「もっと笑ってよ」子供が母親に求める心の叫び

<告知>

8月9日から、久しぶりに

8名限定

無料個別相談会の

募集を行います。

 

●時間に追われて子供にイライラする。

●もっと時間に余裕が欲しい。

 

そんなお悩み

60分の無料個別相談会で

解決策をお渡しします。

 

募集日程は以下の通りです

・8月13日(火)

・8月14日(水)

・8月15日(木)

・8月16日(金)

・8月19日(月)

・8月22日(木)

・8月23日(金)

※ZOOMでのオンラインも可能です。

 

 

2019年のうちに

時間に追われ、子供にイライラするお母さんから

卒業しましょう!

 

 

 

 

それでは今日のメルマガです!

 

 

=================

「もっと笑ってよ」

子供が母親に求める

心の叫び

=================

 

あなたは幼少期の頃

どんな雰囲気の中で育ってきたか

覚えていますか?

 

 

幼稚園の頃

小学校の頃

中学校の頃

 

 

その時々で思い出は違って

良い思い出もあれば

悲しい思い出もあって。

 

 

 

大人になっていくにつれ

子供の頃の思い出は

どんどん薄れていってしまいますが

 

 

 

大人になっても覚えている思い出って

大抵が、

「嫌なこと」が濃く残っていませんか?

(私だけかもしれませんが)

 

 

 

 

私が思い返す

子供の頃の両親の関係は

 

 

『両親の不仲』

という印象が一番強く残っています。

 

 

 

子供の頃は家族の前で

きっと私もたくさん

笑っていたと思うのですが…

 

 

 

えーっと、その姿が

本当に思い出せないんです。

 

 

 

 

母は仕事でいつも帰りが遅く

何か深く話をした記憶もない。

 

 

 

休日はお昼ご飯は作ってくれるけど

何かを一緒に楽しんだ記憶が、ない。

 

 

母に連れられて

子供のイベントに参加したことはありますが

母と一緒に楽しく会話をした記憶がない。

 

(いや、多分あると思うのですが

全く思い出せない)

 

 

 

 

だから私の記憶の中には

「両親と心から何か悩みを話た記憶がない」

 

 

そして

父と母はいつも仲良くない

そんな記憶しかない。

 

 

 

 

その記憶はきっと今までの生活の

ごく一部でしかないはずなのに、

 

 

 

 

子供の時に感じていた

「両親にはもっと笑っていて欲しかった」

という記憶が

 

やはり大人になっても今もなお

感じている部分だったりします。

 

 

 

 

 

だから

子供の時は、友人のお母さんとお父さんが

笑いあっていたり

二人で旅行に行ったりすると聞いたときは

心底驚いていました。

 

 

「え、お父さんとお母さんって

普通はそんなに仲がいいものなの!?」

って。

 

 

 

 

両親の仲が不仲だっとしても

子供からしたら

お父さんとお母さんの仲よさよりも

 

 

どれだけ自分に

笑顔を与えてくれていたか

E1424304377146_1.jpg

 

そこがすごく大事だったんだな、

って思ったんですよね。

 

 

 

 

両親が不仲でもいい。

 

 

だとしても

 

お父さんやお母さんが

どちらかが

 

自分のやりたいことを

生き生きとしながら仕事をして

 

「毎日が楽しいよ!」

って言ってくれるだけでも

 

 

子供としてはきっと

しくなっていたんだろうな!

 

 

って。

 

 

 

 

 

だから

 

私はそんな姿を

子供に見せられるようになりたい。

 

って思うんです。

 

 

 

だけどそのためには

時間って大事で、

時間がなかったら

自分の生き生きした姿すら

見せることなんてできない。

 

って私は思うんですよね。

 

 

 

 

 

そのためにはまず、

時間効率・家事効率

全ての不安を払拭して

 

 

お母さんの朝時間を

快適にさせてみませんか?

 

 

お母さんのイライラバタバタを

解決する無料個別相談会!

 

募集は8月9日からです

unnamed.jpg