母親を辞めたくなる瞬間

母親を辞めたくなる瞬間ってありますか?

 

今日は私の経験談もふまえながら

少しメルマガを書いていきますね。

 

 

こんにちは。

15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん

浜住聡子です。

 

 

先日、私の生徒様から

とっても嬉しいメッセージを頂ました!

少しそのメッセージをご紹介しますね。

 

unnamed (1).jpg

このメッセージを頂き

本当に私、嬉しくて。。。

 

 

 

今講座を受講中の生徒様なのですが

『本当に自分は変われるのか』

という焦りを抱いておられました。

 

 

 

この思い、

私すっごくよく分かるんですよ。

 

 

 

過去の私も

 

周りが変化していく中で

自分だけが何も変われていない。。

(変わっていった部分はあるけれど)

 

一番変わりたい部分が

変われていないことへの

焦り。

 

 

この焦りの気持ちを抱いていた過去の私は

『このまままた

変われない私なのかな、、』

という不安を抱いていました。

 

 

それを今

同じ思いを生徒様が抱いている!

 

 

そう思うと

絶対に解決策を考えて手渡したい!

そんな気持ちがより強くなるんです。

 

 

 

だからこそ

今こうやって生徒様が抱える悩みに

少しでも解決の糸口に出会う瞬間を

提供できる私になっていきたい。

 

 

 

 

この生徒様は

『変わることを諦めず』

『今の自分の状況を赤裸々に』

私に教えてくださいました。

 

 

人は自分のできていないところを

誰かに話すのってすごく

勇気がいることだと思うのです。

 

 

 

だけれども

 

 

この生徒様は、焦り不安

全て教えて下さいました。

 

 

 

そして何よりも

『子供達のために変わりたい』

という意思を手離さなかった。

 

だからこそ

今この結果を手に入れることが

出来たのだと思います^^

 

 

そう、つまりは

私のおかげではなく

生徒様自身で手に入れることが出来た成果。

bbb449f79957c6986374e439c78be738_t.jpeg

 

 

母親業をしていると

いろんなことが起こります。

 

 

・料理が上手くなりたい、とか

・家事効率がよくなりたい、とか

・家族関係をよくしたい、とか

・子供に怒らない自分になりたい、とか

 

 

どれか一つを改善したとしても

他が改善されないと

結局そこに悩みの種は芽を出し

どんどん悩みは膨れ上がっていく。

 

 

 

 

私もね、全てが出来た人間ではないから

母親業

辞めたくなる時があるんですよ。

 

 

全てを抱えきれなくなって

このままじゃ子供達に良くない

 

一人になりたい!!

 

そう思うこと、ありました。

 

 

 

現にその言葉を

子供に言ったことだってあります。

 

本当私ってなんて母親なんだ、

って思いましたよ。

 

 

 

 

「お願いだから

お母さんを一人にさせてよ!」

 

「お願いだから。お願いだから。。」

 

 

そう言って

息子に泣きながら懇願

したこともあるんです。

 

 

 

だけどね

子供はそれでも泣きながら

 

『ママがいい!ママと一緒がいい!』

 

そう言ってくるんです。

 

 

 

子供は何があっても

お母さんと一緒にいたいと思っている。

 

 

 

なのに

 

私はこの子に今、

何をしてあげることもできないし

今一緒にいてもイライラが募ってしまう。

 

 

これ以上一緒にいたら

もっとひどい言葉を言ってまう。

 

 

 

だから

 

一瞬でもいいから

この子を守るために

母親業を捨てて一人になりたい!

 

 

その苦しさで心の中が

グチャグチャになるんです。

 

 

 

 

でもね

 

お母さんという役割からは

結局は逃れられない。

 

 

一瞬一人になったとしても

母親業は必ず付いてくる。

 

 

 

だからこそ

 

この子を守るためには

自分と向き合って行くしかないんですよね。

 

fda6ebe998143cf1cb939ad0823915ce_t.jpeg

 

 

その向き合い方は

・そんな自分にならない為にどうにかする

 

というところも

勿論大事ですが

 

私はそこだけが大事だとは思っていません。

 

 

そこだけを大事だと思うと

 

結局子供に怒ってしまった時には

『変われない自分』しか目の当たりにできず

苦しくなるから。

 

 

 

だから

子供に怒ってしまったとしても

そのあとに

『私は何を子供に伝えるか』

 

という起こってしまった事実の後の

捉え方、考え方の選択肢を増やす。

 

それがすごく大事だと思っています。

 

 

 

あなたは

子供に怒ってしまったあと

どんな言葉をいつもかけていますか?

 

子供に対して

そして

自分に対して

 

どんな言葉をかけていますか?

 

時には逃げたって良いんです。

そんな瞬間も必要です。

 

 

苦しまないで

ふっと抜けるときは抜きましょう。

 

 

私も今もそうやりながら

子育てをしていますから。

 

==============

もし良かったら

あなたの子育ての悩みを教えてくれませんか?

あなたの「こんな自分になりたい」を

私に教えてくれませんか?

==============

私のLINE@に送っていただけると

そのお悩みについてお名前は出さずに

メルマガでお答えさせていいただきます!

ご登録はこちらから
▼▼▼

友だち追加