ご飯を変えるとレシピに頼らずにおかずが作れる

いつもレシピサイトに頼ってしまう。

いつも何を作ればいいのか分からない。

 

おかず作りに悩んでいませんか?

 

 

私もその一人でした。

 

 

レシピサイトや料理本を読んでは

気に入ったレシピをノートに書き写し

それを見ていつも何時間もかけておかずを作っていました。

 

 

料理をするのは楽しかったけれど

時間がかかる…。

 

 

覚えたレシピは限られていて

アレンジが出来ない…。

 

 

 

そこから抜け出すために

まずはご飯のをあげる

 

今では冷蔵庫の中身をみて

作りながら味付けを考える。

 

 

名前のないレシピを増やし、

その日の気候や体調に合わせた食事を作る。

 

====================

もし冷蔵庫の中に

かぼちゃがあったとしたら

あなたはどんな調理をしますか?

 

ここではレシピ名を先に想像するのではなく

調理行程から、味付けを考えて行きます。

 

 

●かぼちゃならどの調理法で食べられるか。

●その調理法は今の季節に合っているのか。

●その調理法は他のおかずと重なっていないか。

●味付けはどうするのか。

 

 

このような考え方で

どんどん名前のないレシピを自分で作って行くことが出来るのです。

 

あなたの家にある調味料はなんですか?

ソースやケチャップだけの味付けではなく

まずは食材の甘みをしっかり出してあげることで

醤油ひとさじだけでも

十分な甘みに出会えることは可能です。

 

 

味付けに使う調味料が少ないと

それだけ手間も減ります。

 

結果的に調味料もたくさん使わなくて済むので

体にもしく、お財布にもしくなります。

 

 

この方法をもっともっと詳しく知ると

きっと

今日のおかずに悩まなくなりますよ。