離乳食時期の大事さ

こんにちは。

15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん

浜住聡子です。

 

 

昨日は私の息子の

離乳食時期について

ちょこっと書きましたが

 

今日はその続きです。

 

 

 

私は息子の離乳食時期

本当に大変だった記憶があります。

 

 

作っても食べてくれない。

味を足せば食べてくれる。

 

 

そして結果

どんどん濃い味にハマる息子。

 

 

 

 

私ね

何でも与えることが良いと思って

何でも与えすぎていた結果

 

 

何にも食べない子

させちゃったんです。

 

 

なんにもっていうのは

ご飯もおかずもなんにも食べないということ。

食べるのはお菓子とジュース。

 

31fd24f1a54c85af0109b25e3db435df_t.jpeg

 

何が他の子と違うんだろう。

何が良くなかったんだろう。

 

 

ご飯を食べさせるときに

毎回悩んでいました。

 

 

 

だからね

お菓子は!!

お菓子を与える人も!!

 

 

そう思って、

周りにイライラしていました。

 

 

 

だからねこのときは

自分が悪いだなんて

ちっとも思ってませんでした。

 

 

 

離乳食時期から始まった

息子の偏食との戦いは本当に長かった。

 

 

 

 

 

そんな中、

息子が4才のときに

娘を出産。

 

 

 

 

私は娘がお腹の中にいる時から

ある決意をしていたんです。

 

 

 

 

それは、次こそは

離乳食で悩まない子育てをする!

と。

 

 

 

明日は

少し手間だと思っても

その先にあった娘の離乳食の楽さについて

詳しくお話していきますね。

 

 

 

===============

<お知らせ>

土鍋ごはん初心者さんのための

小冊子がようやく完成間近です!!

 

リリースが遅れて本当にごめんなさい。

 

来週こそ

メルマガ読者さまへ先行配信が出来るので

是非ダウンロードしていただけると

私も嬉しいです!

 

スクリーンショット 2019-05-08 20.55.10.png