愚図る我が子へ腹が立った時にこそ思い出して欲しいこと『リアル生徒様の声』4

こんにちは。

 

15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん

浜住聡子です。

 

 

皆さん

魔の2歳児という言葉知っていますか?

 

子育て中のお母さんなら

誰しも聞いたことがある言葉。

 

 

そしてそのあとに続く3歳4歳にも

ある言葉があるって知っていましたか?

 

 

魔の歳児

悪魔の歳児

天使の歳児

 

 

私がこの言葉を初めて聞いたのは

息子が3歳になった時でした。

 

 

 

今下の娘が

3歳に入りかかろうとしているのですが

 

 

ついに来たかーーーー!!!

この時期!!

 

 

 

というぐらいに、

悪魔の3歳児に向けて

パワーアップしていっています^^;

 

 

 

自我もしっかりある。

だけれども我慢までは程遠い。

何かあれば

「ママ嫌い」と言ってきます^^;

 

 

 

「ママ嫌い」と言ってきた時に

「ママ好き」に変換する方法を

昨日見つけました!!

 

 

 

それが

 

 

 

「◯◯ちゃん(娘の名前)好き♡」

とひたすら私が繰り返し言う

 

 

 

そうすると下の娘が

私につられて「ママ好き」と

言ってくるのです。笑

 

 

 

言葉を変えるって

やっぱり大事ですね!!!♡

(ほぼ無理やり言葉を変えさせた感じですが…笑)

 

 

 

だったとしても

結果私も娘もニコニコになるので

「ママ嫌い」と言われた時こそ

「ママは◯◯ちゃん好き」

を是非連呼してみてください^^

 

 

 

とまあ子供の愚図りって本当に大変ですよね!

抱っこして泣き止めば良いのですが

そうも行かない時も必ずあります。

 

 

今日は

子供へのイライラ

少しずつ改善していけている

生徒様のリアルな感想

ご紹介していきますね^^

 

 

 

 

 

土鍋ごはんで

一体何がわるのか?

 

 

 

 

この教室では

一体どんなこと

しているのか?

 

 

 

 

■===============■

 

【S・A様 30代 看護師】

unnamed.jpg

 

①講座前にどんな悩みを抱いていましたか?

仕事と家事と3人の子育て、子供の習い事関係など、

とにかく忙しい毎日で、イライラしてばかり。

家事もうまく回せず、
片付いていない家の中でイライラガミガミしては、
あとで自己嫌悪に陥り、

心の持ちようだ、今度こそこうしよう!

とか思いながらも、また同じことの繰り返し。

このままだと、子供達に悪影響だと思うし、
子供達の良さを潰してしまう。。。

 

この今の自分をどうにかしたい、変わりたい、

けど、

 

なかなか実践できなかったり継続できなかったり、、、

そんな感じでした。

 

②その悩みから
なぜ抜け出したいと思いましたか?

イライラ、ガミガミ、
自分の感情のコントロールがきかず、怒鳴ってばかりの毎日。
そして自己嫌悪

このままじゃ、

自分が潰れて、家庭が崩壊してしまう、

と危機感を感じました。

そこで申し込んだ聡子さんの個別面談会。

なにかと人のせいにして、
できない理由を探してる自分、
そこから変えていかなきゃ、
明るい家庭を築くには、まず自分が変わらなきゃ!!

と強く思いました!

聡子さんと話しているうちに、
キラキラしてる聡子さんのようにわたしもなりたい!
変われる!!そう直感したのも

講座を受ける決め手です。

 

③現段階で
どのような変化を感じていますか?

【食事面】
●朝食はパンだったのが、
今では、土鍋ごはん+味噌汁定着しつつあります。
朝から炊きたての美味しい土鍋ごはんと
味噌汁でほっと気持ちもあたたまります。

●あれだけパン好きな母子だったのですが、
無理に我慢して食べないというわけでなく、
自然と買う頻度食べる頻度が激減しました!

パンなしの生活が当たり前になってます。

出かけ先で美味しそうなパン屋さん見つけたら、
楽しみ程度に買って楽しんでます。

●土鍋ごはんにしてから、子供たちがおかわりすることが多く、三合じゃ足りません^^;

●家族の便通がすごく良い感じです。

【精神面】
●イライラが爆発することが多かったのが、
今は一歩踏み止まったり、
たとえ爆発しても、
それはなぜだったのかを
振り返れるようになってきました。

●何か問題が起きた時、うまくいかなかった時、
人のせいにせず、自分を振り返り、分析するよう努めるようになりました。

素直にありがとう、ごめんね、を言えるようになってきました。
すると、こどもたちも自然に言ってくれるようになりました。

 

●講座を受けている仲間と、
失敗談、成功談、思いを共有することで、それを自分に置き換えたり、自分の学びとして、生活に活かすことができています
聡子さんや仲間とのメッセージやりとりでかなり励まされます。

●その他
朝時間の使い方、まだまだですが、意識して朝行動できるようになりました。
朝の早起きも定着しつつあります。

 

④これからどんな自分に
なっていきたいですか?

感情のコントロールができて、明るい母でいたい、
仕事も家事もテキパキこなせる自分になりたい。
前向きな明るい気持ちで、活き活きと毎日を過ごしたいです。
自分の名前如く、周りをも明るくできる人になりたいです。

 

⑤どんな人に
この講座が必要だと思いますか?

*ネガテイブ思考の方
*要領よくできないな、と感じてる方
*自己嫌悪に陥ってしまう方
*とにかく変わりたい!!と強く思っている方

 

■===============■

 

 

現在受講中の生徒様からのご感想、

どうでしたか?^^

 

 

 

子供へのイライラに悩んでいるお母さんは多いはず。

私もその一人でした。

 

 

子供へのイライラに悩み

子供へきつく叱ってしまい

そしてそんな自分に自己嫌悪を抱く。

 

 

変わりたいと思っているのに

変われない自分に苦しくなって

 

子供の将来も不安になる。

 

 

そんなお母さんも多いのではないのでしょうか?

 

 

 

 

この生徒様は

変わりたいという意思がとても強く

そして忙しくても

自分を振り返ろうとする思いも強い

とても素敵で家族思いなお母さん。

 

家族が大切だかこそ

変わろうと決心されたと思うのです。

 

この思いの強さには

母としての強い芯を私は感じました。

 

 

 

 

イライラや

自分の生活スタイルを変えたい。

 

 

 

 

そう思っている先に

ほとんどのお母さんは

大きな理想の自分という目標を

掲げ、そこだけを目指そうとした先に

結局出来ない自分に再び

直面することになることが多いのですが

 

 

変わるためには

さなところから一つずつ

できる自分を作っていくことが

とても大切なんですよね^^

 

 

 

イライラしたとしても

振り返れる力をつけることで

自分を分析できる。

 

 

その積み重ねを

今、一歩ずつこの生徒様は

進んでいっています。

 

 

パンが大好きだったのに

今ではご飯とお味噌汁^^

 

そして便通も良くなったとのこと!

 

 

快適な生活は

少しずつの変化から始まることを

この生徒様は教えてくださいました。

 

 

 

そして何よりも

仲間との共感、共有。

 

 

 

これこそが

一人では変われない。

仲間がいるから変わっていける。

 

 

 

 

出来ている仲間を見ると

焦りや不安も出てくるはずなんです。

 

そして

今の自分を少し背伸びさせたくなる時もあると思うんです。

 

 

 

だけれども

弱さだって見せたって良い。

 

 

弱さを受け止めてくれる仲間が

ここに集まっている。

 

 

 

背伸びをしてきて今まで辛いと感じたのなら

弱さを見せて自分を成長させていく。

 

 

 

成功ばかりを望んで上を目指すよりも

失敗を積んで、経験の質をどんどん高めていったほうが

絶対に人生の感情が豊かになると思うんです。

 

 

 

赤ちゃんはいきなり一人で歩けるようにはならない。

一人で歩くために何度も何度も転ぶ。傷だらけになる。

大泣きをする。痛みでもう嫌だと思うこともある。

 

 

 

だけれども

諦めないで転びながらも歩ける方法を体で学んでいくからこそ、一人で歩けるようになる。

 

 

赤ちゃんでさえ、痛みを乗り越えてきている。

 

 

 

 

だったら

親の私たちも、絶対に乗り越えられる。

 

 

 

 

●イライラしない自分

●料理がパッとできる自分

●時間の余裕ができる自分

 

 

 

どんな自分であれ

何度も転びならが経験を重ねていった上に

「なりたい自分」が待っているんんですよね。

 

 

 

 

 

私も何度も転びました。

これからも何度も転ぶと思います。

 

 

 

 

 

だけれども

転んだ時に、この講座では仲間がしっかりと

手を差し伸べてくれる。

 

 

差し伸べてくれた手の暖かさを知った時、

「まだまだ頑張ろう」

そう思えるための仲間。

 

 

 

子供がぐずって

どうしたら良いのか困ったときも

解決策を考えてみる。聞いてみる。

そして、やってみる。

 

 

 

仲間思いの素敵な生徒様。

 

 

 

たくさん転んでも

手を差し伸べてくれる仲間とともに

これからも一緒に

頑張っていきましょうね!

 

 

 

 

生徒様、素敵なご感想

本当にありがとうございました!

 

KUGX4866.JPG